フレブル専門のオーダーメイド服
生地の種類や柄・色から
好みの洋服を作れます

8,000 円~

フレンチブルドッグの毛は
ゴワッとしているのに艶やか!
~毛の役割と毛ヅヤについて~

健康を守る被毛(コート)

白系クリーム、茶系フォーン、黒や白のベースカラーに別色が混じったブリンドル、頭部や体に斑が入ったパイド。この4つのタイプを基本に、多彩なバリエーションの模様を持っているのがフレンチブルドッグの特長です。その被毛は外敵から肌を守ったり、水をはじいたり、体の乾燥や病原体の感染と侵入を防ぐ大事な役割を持っています。

短毛でカットの必要はないけれど、抜け毛や毛玉が目立つのも短毛種の特性ですから、こまめなブラッシングや暖めた濡れタオルでやさしく拭くなどのお手入れをしましょう。
特にホコリやゴミもたまりやすい顔のシワの間はケアを念入りに。
抜け毛が気になるのならば、犬服の着用をオススメします。

犬服を用意するときに注意したいのが体型にあったものを選ぶことです。
なぜなら、フレンチブルドッグは、普通の犬より頭の割合が大きいので、市販の犬服だとなかなかサイズが合わなかったり、衣類がひっかかりやすい硬い毛のため、着ているうちに、どんどん犬服がずり落ちてくる場合があるからです。
着心地の悪い犬服は、知らず知らずのうちにワンちゃんにストレスをかけてしまうことにも。
体型にジャストフィットするサイズで、動きやすさとオシャレを兼ね備えた犬服をワンちゃんに着せてあげてください。

毛ヅヤの質は食事から

毛ヅヤや肌ツヤはワンちゃんの健康のバロメーター。
食べたものが、素直に被毛や皮膚に影響しますので、飼い主としては何を食べさせるかは常に気になるところです。毛ヅヤと肌ツヤを健康に保つため必要な栄養素は3つあります。

  • <タンパク質>

    皮膚と被毛を形成する最も重要な栄養素。不足するとメラニン色素が作れず、皮膚と被毛の色が薄くなったり、皮膚が乾燥したりも。被毛が弱くなって折れたり、切れやすくなるのもタンパク質不足によるものです。ブラッシングの際に被毛の様子をチェックしましょう。

    【代表的な食材:肉、乳製品、卵、穀類、ナッツ類など】

  • <必須脂肪酸>

    必須脂肪酸が不足すると、フケが出始めたり、毛ヅヤがなくなるだけでなく、脱毛やかゆみを招くことにも。それだけ重要な必須脂肪酸ですが、体内で作り出すことができないため、食事から摂る必要があります。

    【代表的な食材:肉、魚、乳製品、油脂など】

  • <ビタミン・ミネラル>

    各種ビタミン群は、フケ防止や脱毛防止に効果があります。ミネラルは、皮膚と被毛の健康にとくに重要とされる亜鉛をはじめとした栄養素のことです。

    【代表的な食材:
    ■ビタミン/肉(特にレバー)、果物、野菜、穀類など
    ■ミネラル/肉、魚、卵、乳製品、ナッツ類など】

これらの栄養素を摂るときに最も大事なのが栄養バランス。やみくもに摂取すれば良いというものではなく、ワンちゃんの体調や年齢、性質にあわせた最適な食事を用意することが肝心です。

現在市販されているドッグフードは、ワンちゃんにあわせてこれらの栄養素がバランスよく配合されていますが、アレルギーの原因となる成分を含んでいる場合も少なからずあります。もし毛ヅヤの変化や肌荒れなどの異変に気づいた時は、食事内容も見直してみましょう。

毛並みツヤツヤ!元気いっぱいのフレンチブルドッグには

その他のコラムを読む

その他のコラムを読む